吉原由香里のつれづれ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国に行ってきました

<<   作成日時 : 2006/04/06 23:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5


 一泊二日という強行スケジュールで韓国に行って参りました。もちろん仕事です。囲碁を含めた頭脳の国際大会を実現するための前段階の一つとして、スポーツアコードというオリンピックに関係ある、もしくは関係したがっている団体がそれぞれアピールするイベントに出席するためです。イメージは東京ビッグサイトでのモーターショー(いったことないけれど)やエコプロダクツ展みたいな感じです。

 本当にいろんな団体があって、オリンピックを誘致したい都市や、私たちのようにいつかオリンピックに参加することを望む競技団体、また選手を守ったり飛行機をチャーターする会社などもブースを出していました。

 来ている人は地元韓国の人よりヨーロッパ系の人が多く、ビジネスチャンスを見つけにきている人やマスコミ関係者など様々です。

 会場はほとんど英語‥正直言ってあまり理解できず私は役にたてませんでした(^_^;)

 夜は韓国棋院の方やIMSA会長でブリッジ協会の方、そしてチェスの関係者とお食事会。ここでも英語。よくわからない私は韓国棋院の日本語がペラペラの方とばかり話してました。

 今日もブースへ行き関係者の方と英語でお話。いや〜やっぱり英語がもっと聞き取れて話せないとな‥いつもと違う疲れを感じながらも、初めての環境がなかなか新鮮でした。でも肝心な頭脳の国際大会がオリンピックと何らかの形で関連してできるかどうかが大切。全てはこれからです。

 帰りにやっと大好きな海鮮味噌チゲを食べて地下鉄で空港へ(実は海外に行っても電車派。人間ウォッチングが面白い)。あまりリラックスする時間はなかったけれど、地図をみながらオロオロしている私に地元の人が何回か話しかけてくれたりして、韓国の皆さんの優しさを感じました。短いながらいろいろあったので携帯では伝えきれない!明日余裕があったらまた書きます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
私も、英語で泣かされた思い出が〜
インドに行った時・・・
添乗員さんが倒れちゃって^^;
本を片手に〜
生きた気がしなかった^^;
中流階級のところだったから
よかったけど〜
本当に怖い思い出しか残ってない
そのせいか〜ちょっとのことでは、動じなくなっちゃった〜これは、私へのプレゼントに

mumin-papa
2006/04/07 01:08
英語ですか・・・私も苦手です。読んだり、書いたりするのは少々出来るのですが、会話は全く駄目。良く英語圏の人達が言っているそうですが、「日本人は中学3年、高校3年、大学4年と10年間も英語の勉強をしていて、なぜ英会話すら出来ないのだろう?」と言うことです。本当になぜなんでしょう。不思議ですね。
むらたけ
2006/04/07 08:24
英語で思う事・・・
英語教育に問題あり! でしたね。
英会話にもっと重点を置くべきでした。
それと一般的に、覚えても使う機会が少ないです。忘れてしまう。。。(^^ゞ
あと、日本人はシャイですから、下手な英語を喋る事に羞恥心があるんですね。下手でもドンドン話してみるべきです。発音は大事ですが、文法を無視してジェスチャーと単語並べるだけでも結構通じるものですよ。
外国人が下手な日本語を話していたら、理解しようと一生懸命聞いてあげるでしょ?
それと同じ事です。
で、僕の英語、メチャへたくそです!(爆)

海鮮味噌チゲの写真が見たかったナ!(笑)
いんぱち
2006/04/07 10:06
由香里先生は、ほんとに、いろいろなところへ行っていますね。東京ビッグサイトのモーターショーみたいな感じですか。囲碁もオリンピックに入るといいですね。英語ですが、高校英語までやっても話せるようにならないというのは嘘です。高校英語で大学受験レベルのところまで自分でやってれば、後は、英語で相手に伝えようとする強い気持ち、相手がなにを言いたいのかと思う気持ちがあれば、高校英語までやってりゃあ問題ないでしょう。ただ、年がたって、単語も基礎も薄らいできちゃうと、とてもついてけませんが(笑)
ほっしん
2006/04/10 02:24
中学高校大学で計10年の英語学習....とよく言われますが、10年やってできないのであれば民族的にバカとしか言いようがありません。中学では週に2時間くらいしかないし、高校でもどうだったか?そう、毎日毎日最低でも3時間4時間と、それを10年というならわかりますが、週に2時間程度の学習を10年とは言わないのです。それでも少しづつ少しづつわかってきてはいます。違う国の言語を国民が流暢に喋れるようにするには国家レベルで50年から100年くらいのスパンで考えないといけません。今喋れないのは、要は絶対に喋らなければいけない条件が揃っていないからです。一ヶ月後に喋れないと家族が全員殺される!なんて事になれば相当に喋れるようになりますよ。はっは、大丈夫大丈夫。
ソリエロー
2006/05/17 14:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
韓国に行ってきました 吉原由香里のつれづれ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる