吉原由香里のつれづれ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS NECカップ松山大会

<<   作成日時 : 2007/01/26 23:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 8

画像

 松山にきております。対局者は高尾ちゃんとメイエン先生。解説は石田先生です。

 夕食のとき、記録の武宮陽光五段がみるからにサッパリした表情で現れた。どうやら高尾ちゃんと温泉に入ってきたらしい。松山といえば道後温泉。道後温泉といえば「千と千尋〜」のモデルとなった場所があるところ。さすが急所はオサえてます^^

 とはいえ私もマッキー(巻幡多栄子三段)とちゃっかりエステを体験させていただきました(^-^)/バリ風の室内は快適そのもの。このまま泊まりたい〜という要望は当然却下され、お仕事をして参りました。

 写真は打ち上げで石田先生に出されたマッチ棒クイズ。二本ずつ動かし、正三角形を一つずつ減らしていってください。実はまだ解けていないが今日は眠ります。おやすみなさい☆☆(*v_v*)zzZ☆☆

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「NECカップ松山大会」について
「NECカップ松山大会」について 棋聖戦の話から、久し振りに日刊紙を読み始めました。小さなコラム欄に、他の基戦での、みなさんの活躍が、少し読み取れます。 松山の道後温泉と言えば、私たちの世代では、夏目漱石の「坊ちゃんの」の舞台ですね。「千と千尋」も観ましたけどね。 わが町でも、温泉が沢山沸くので、温泉めぐりが出来ます。私も、クイズは苦手ですね。もう、寝たいけど、徹夜で討論してる。「格差」をテーマにね。 ...続きを見る
サロンPASS
2007/01/27 02:57
全く何十年ぶりに棋譜を観て。
「NECカップ松山大会」について 毎日、新聞連載の棋譜を眺める事など、何十年ぶりのことである。日曜日の教育テレビと新聞の棋譜で、現在の棋界の様子が、少しずつよみがえってきます。7冠時代の、6目半のコミとかね。「未来永劫」の「劫」が、コウの始まり、これは、江戸時代の、本因坊の言葉で、良く知っていた事ですけどね。(薫) ...続きを見る
サロンPASS
2007/01/29 09:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
今夜は、少し寒いですね。暖冬と言っても、この東北の地は、やはり寒い日もないと、東北らしくありません。あなたの、ブログに引かれて、私も毎日ブログを書こうと思ってはじめた、日記ですが、何とか続いているようです。ブログの勉強になってます。60の手習いで、久し振りに、囲碁を始めました。1月30日の中央老人福祉センター主催の「段位戦」Bクラスに、3段で初参加、一番年少だから、どうなりますかね。もう何年も人間を相手にしてない。石田は石田芳夫ですかね。一度書いた事があるけど、石田から武宮へ、そして最後は加藤正夫が、出来れば、私の碁ですが、暗算が出来なくなってるのには、自分ながら、ビックリしました。
還暦おじさん
2007/01/27 02:47
ブログ初参加に、由香里さんを選ばせて頂きました。いつもお忙しく活躍されていますね☆今年はタイトルを期待しています(^^♪

huyan
2007/01/27 16:47
武宮陽光先生とてもやさしい方ですね。先日指導碁を打っていただき、6面指しにも関わらずかなり長い時間手直しを全員にしていただき、とても感謝しています。

マッチ棒クイズ難しいですね。詰碁も苦手ですが、この手のクイズも苦手です。うーん。。。
123men
2007/01/27 19:14
全国あっちこっち行ってるんですね。
忙しそうで楽しそうで充実してるって感じです。こういうのを天職って言うんでしょうね。
たいやき君
2007/01/27 23:09
岡山が、大山先生の出身地とは、初めて知りました。だから、桃花戦(女流名人戦?)が行われていたのですね。現名人は、中井広恵さんとか、梅沢さんも、国内基戦でも、活躍してくださいね。私の今年の目標の一つは、マイブームの高段者になることです。(薫)
還暦おじさん
2007/01/28 12:48
NEC松山大会父の付き添いで見に行きました。展開が速くてびっくりしましたし、あんなに対局中にうなるんですね。碁もスポーツ?格闘技?なんですかね。
札幌から松山に引越し、都会になれた親父には少し物足りない毎日を過ごしていたためか、王九段の試合だからたたかいになる!と期待していた父は予想通りの展開に大喜びしておりましたし、先生と石田先生の一言一言に大笑いしていました。
梅沢先生のブログのおかげでこの機会を知ることが出来、親孝行のひとつになりましたか。。。ありがとうございました。
おなかが減った父が終了早々に退出しすいませんでした。
しかし、自分程度の年齢(30代)がほとんどいませんで、ちょっとひきました。若い人探すと子供になるとは。。。
おかめはちもく
2007/01/29 08:46
本文とは関係なくて申し訳ないですが、間違いを訂正させていただきます。
岡山(倉敷)で行われている女流将棋のタイトル戦は、桃花戦ではなく倉敷藤花戦です。
また女流名人は中井さんではなく、20代の矢内理絵子さんです。(中井さんは今年の挑戦者です)
将棋界は女流の団体が独立するということで動きがあるようです。
囲碁/将棋界はいろいろ交流があるようですが(中川さん、先崎さんと将棋指しに女流棋士がさらわれている??)、梅沢さんは、将棋の方々とは交流があるのでしょうか?
将棋通
2007/01/31 00:07
 松山の対局は面白かったですね!30秒だから迫力満点☆王九段の独り言がまた会場を盛り上げてくれましたね。前のほうにいた子供たちも大喜びしていて、私も嬉しかった。
 「親孝行のひとつ」と言って頂き、ますます嬉しくなりました(*^_^*)
yukari
2007/02/01 17:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
NECカップ松山大会 吉原由香里のつれづれ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる