吉原由香里のつれづれ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 箱根の山は

<<   作成日時 : 2007/08/06 19:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 11

画像

今日は毎日新聞社企画の「盤樹の森」記念式典があり、今年も榧の木を植樹して参りました。毎回、前に植えた木がどうなっているのかすごく楽しみなのですが、一昨年植えたのが写真のとおり。パッとみたときは、「むむ、全然成長していない‥」でしたが、新しい苗木と比較すると幹も若干太く、枝もたくましくなっていました。確かにこれだけ成長が遅いと盤になるのが400年後というのも納得デス。

その後、箱根関所で女子学生相手に三面打ちをしました。新しく3月にできたという関所は、芦ノ湖が臨める趣のあるところ。ここで囲碁というのがあまりにもピッタリで、これは何百年も前に同じようにこうやって碁を打った人がいたんだろうな、と感じるほどでした。芦ノ湖を通った風がまた最高!久しぶりに場に惚れる対局場でした(*^_^*)

明日から箱根で女子学生選手権が行われます!前夜祭の挨拶で「精一杯戦って砕けようと思います。」と砕ける前提かい、と笑いをとった子もいましたが、皆さん、健闘を祈ってます(^O^)/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「箱根の山は」について
「箱根の山は」について 由香里さんのブログに触発されて、再会した私のブログだったのに、3日坊主で、そのままになっていた。今は、夏ばてでますます遠ざかっていた。カヤの木の話で思いついた。私の父は、沢山碁盤を買った。カヤは高価で買えなかったけれど。自宅の柳を切り倒したときに、その根っこでも碁盤を作った。残念ながらひびが入ったけどね。十数面の碁盤があった。それを一面ずつ子どもに残した。囲碁クラブにも寄贈した。囲碁を趣味にしているのは、末っ子の私しかいないのだけれど。そして、私は、自宅に古くからあ... ...続きを見る
サロンPASS
2007/08/08 20:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
木の成長って本当に時間がかかりますよね。
そういうのを見るにつけ、自然を私達人間に合わせるのではなく、私達人間が自然に歩調を合わせて、そういうゆったりとした時間の歩み方が出来ればいいのにな…といつも思います。

それにしても忙しい毎日ですね。
お身体の調子は大丈夫ですか?
NHK杯は、本当にお疲れ様でした。とっても惜しい勝負で、由香里先生にも充分勝つチャンスがあったのに!…とTVの前で悶えてしまった私です。(笑)
きっと来年は勝てます!タイトル保持して来年も出られるのを、楽しみに待ってます。そういう期待を持てる囲碁でしたよ。
頑張ってくださいね♪
しょうくん
2007/08/06 20:07
NHK杯お疲れ様でした。いつも微笑みを絶やさない由香里先生が勝負師の顔になっていて、ものすごく迫力を感じました。
抽選時点で相手が悪すぎるとは思っていました。でも由香里先生が優勢になる手順があったのに、逃してしまった事が残念でなりません。
来年も出場してくれる事を全国の囲碁(由香里先生)ファンは願っているはずです。今年もタイトルを保持できるよう頑張って下さい。
りゅうせい
2007/08/06 20:30
榧の木に歴史を感じる。由香里さんは、ロマンチストだなあ。(^o^)
小鳥の巣
2007/08/06 20:37
由香里先生始めまして。NHK杯は惜しかったですね。ブログの内容で全日本女子学生選手権の選手のコメントで砕ける前提かい!というつっこみを見て私自身の学生時代を思い出しました。今から22年前10級くらいなのに団体戦で大将で打つことになったので同じ心境でこのコメントを残したのかなということを感じました。全日本の大会となればプロ級の人もいるでしょうし大変だという気持ちで砕けるつもりといったのかな?
ド素人
2007/08/06 22:43
400年の大計ですか。遠大なロマンですね。
NHK杯、まことに残念です。でも、天下の片岡九段を相手に、途中まで五分以上の戦いを続けたのだから、僕は満足しています。凛とした由香里さんの対局姿も、笑顔に劣らず素敵でした。
日本棋院のサイトで知ったのですが、この対局は4月20日に行われたんですよね。放映まで3ヵ月以上も店ざらしにされると、対局者も気が抜けちゃうんじゃないかと思います。NHKは、人気のある由香里さんの試合を、1回戦の最後の楽しみに残しておく作戦だったのでしょうか。

yuho
2007/08/06 23:13
ローマは一日にして成らずですよね。
樹木を伐採するのはあっという間ですが、それを育てるには何百年も掛かるという事を忘れてはなりませんね。
ふろんた
2007/08/07 01:00
 箱根の宮ノ下に桜渓荘という日本棋院の宿がありましたが箱根関所を使うということはもう桜渓荘はないんですね。
 女子学生のレベルはずいぶん上がったのでしょうね。
島谷
2007/08/07 04:28
芦ノ湖を渡る風
爽やかで涼しくて気持ちいいですよね。
さて、実は、先日、初めて、テレビで、
由香里さんの対局場面を見ました。(^^ゞ
初めてだったんです。すみません! (>_<)
結果は残念でしたが・・・
で、ブログの写真と違って、とても真剣な表情なのに驚いてしまいました。ま、笑いながら打つ人はいないと思いますが。。。
そうそう、その時のメガネとヒゲの男性棋士の方、どなたか存じませんが(苦笑)、家に父とのツーショットの写真が飾ってあります。なんで飾ってあるのか、テレビを見てやっと分かりました。(笑)
女流棋士専門と思っていた父の男性棋士との写真は、武宮先生に続いて、これで2人目です。(爆)
いんぱち
2007/08/07 10:31
 お〜皆さん、NHK杯みてくださったのですね!ありがとうございます^^結果は残念でしたが、いつも緊張しまくりの私が初登場の場にしてはまぁまぁだったかな、と思ってます。でも出場できたことがめっちゃ嬉しかったので、また出られるように、そして少しでも満足できる碁が打てるよう頑張ります☆
yukari
2007/08/08 12:54
NHKの囲碁対局は中学生の時から、45年間も見続けておりますので、片岡九段相手の惜しい碁はちゃんと見させていただきました☆☆☆
ただ、高校生の時までは将棋の時間の後番組で何の知識もなくぼんやりと見ていただけでしたが、大学に入ったのを機会にアマチュア有段者のおじさんから手ほどきを受け、また、37歳で食品産業センターに就職した時にやっとアマチュア初段レベルに達した位でほんの素人です★★
将棋は中学生の時にはアマチュア初段で、現在は三段強ですが、時々強いコンピュータと対戦して負けることもあります☆
北極熊
2007/08/09 16:17
おや。
「めっちゃ」を自然に使ってますねぇ。
井沢さんや佃さんならともかく、由香里さんまで「めっちゃ」を使うとは。
なんか、ライトでいいですよね、「めっちゃ」って。
kinta
2007/08/09 22:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
箱根の山は 吉原由香里のつれづれ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる