吉原由香里のつれづれ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 伝わる言葉

<<   作成日時 : 2008/03/09 08:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8


昨日はNECカップ東京大会、決勝がありました。臨くんと善津先生の対決は臨くんの勝ち。臨くんって常に平常心(少なくともそう見える)なのがすごい。そしてとてもうらやましい。

打ち上げの席で依田先生が「なぜ子供に囲碁が必要なのかわかった。答えがないからだ。学校の勉強はほとんど答えがある。でも人生はほとんど答えがないことばかりだ」とおっしゃっていた。

確かに‥答えがないから自分なりのベストを紡いでいくわけで、でもそれを重ねていくと少しずつベターな選択ができるようになる、そして強くなると新たな状況(さらに強い相手)に出会い、また鍛えられていく‥

とても響きました。

先生は心底信じている言葉を話すから伝わるんですよ。浪曲の話を聞いていたら私も聞いてみようかという気になってきた。影響されすぎかな(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
人生には答えがないという依田先生の言葉にはっとしました。
自分がいつも答えや因果関係を考えすぎて悶々としていたからです。
囲碁にも答えはない。囲碁も人生も自ら創造するものですねえ。おもしろいお話でした。
縄文人
2008/03/09 14:15
依田先生すごいですね・・・
うちの副会長は似てる名前なのに失踪だもんな。
日本囲連星協会
2008/03/09 21:14
今日ちょうど、知人の数学教授に囲碁の説明をしたんですが、「ぼくは法則をみつけることがスキなんだ。それに自然を相手にするのがスキで、人を相手にするのはスキじゃない」と返され、納得してしまいましたが、今度あったら依田先生のコメントを伝えます。
囲碁こそ、法則のない自然なやりとりかもしれません。大変深いメッセージですね。
研航
2008/03/09 23:53
一芸に秀でた人の言葉は重いね♪。(^^)やっぱ、心の底から出た言葉は説得力があるんだろうなあ♪。(^o^)
小鳥の巣
2008/03/10 00:33
そうですね。答えがないというか人それぞれですからね。それを追い求めるんだから人は悩んだりするんですよね。ひとつ悟りを開いた気がします(^_-)

2008/03/10 01:21
そうですよね。
大切なのは答えを見つけることじゃないくて、答えを見つけようとする心なんですね。
勝ち負けは一つの結果の状態だけど、本当に大切なのは成長することだと思います。
依田先生がパーとひらめいて言った言葉は
生きたまんまの新鮮な言葉だったんですね。
(^^)
こちらも大切なことを再確認させられました。ありがとうございます。
こまっち
2008/03/10 08:19
依田先生が、今年のNHKの新春囲碁対局の番組の中で、私は、読むだけなら数百手先までも読める。要は、その価値が分からなければ意味がない。と、言っておられましたが、囲碁でも将棋でも、読めるというのは、その価値まで分かって初めて読み切ったということなんじゃないですか?囲碁でも将棋でも読み切れれば勝てる、あるいは互角にできるルールのゲームでしょう?
ほっしん
2008/03/10 19:05
確かに、人生も囲碁も、局地的な答えはあっても、全体的な答えは無いですね。そして人生の状況は、碁の打ち筋にも大きく影響してしまうと思います。私のブログで公開している棋譜が、少々悩み事に疲れた不安定な状況を物語っています。
kirsch
2008/03/11 02:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
伝わる言葉 吉原由香里のつれづれ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる