おんぶ

近頃、おんぶという手段をよく使うようになりました。抱っこだと何もできませんがおんぶなら多少は家事もできます。

ただ寝付いたあとの着地が難関‥ずっとおんぶは腰も痛いし悩ましいところです。おんぶで歩きながら本を読んでいると何やら気分は二宮金次郎のようです(笑)

育児は体力がいりますねぇ。この調子だと筋肉がかなりつきそうです。

この記事へのコメント

2011年09月20日 05:22
 息子くんをおんぶしている由香里さんか・・・。勝負師由香里のイメージがどんどん遠のいていく・・・。
 でも二宮金次郎のようにお勉強してるんだ。
 強敵をも包み込んで熔解してしまうような女流棋聖、名人誕生につながることを期待します。
2011年09月20日 08:47
大人のベッドがあれば、そこに座って横に倒れるように寝ながらおんぶひもを外すと、赤ちゃんにも優しいはずです。腰に不安があるようでしたら、おんぶの時に腰痛用のゴムベルトを巻くのをお勧めします。腰痛は気を付けないと癖になりますよ。私も重い物を運ぶ時には使っています。いろいろ工夫して上手く育児をこなしてくださいね。金ちゃん、頑張って!(笑)
2011年09月20日 22:43
小さい頃、よく風邪をひいたらおふくろがおぶって
病院に連れていってくれたことを思い出しました。30分くらいはあったかな~。
おふくろの背中は最高の乗り物でした。
大変だったろうな・・と思います。今思えば。
でも、子供のためなら仕方ないと母は強いですね。
今では、若奥さんでもマイカーで、サーと病院に連れていく時代なんでしょうが、父親を早く亡くした僕は、母親のこと女手一人で大変だったろうな・と思いました。もう天国に行っていませんが、
男にとって、母親は特別な存在ですね。
由加里さんは子守唄は歌ってあげるのでしょうか。
僕は、母親が旅立つ前に、いい年なのに
横に寝て子守唄をもう一度聞いてみたかったな・・と本心で思いました。^^;)
子供は、母親が注いでくれた愛をしっかり覚えてるから、でも恥ずかしくて表にだせないけど、
由加里さんがおばあちゃんになったころ、
きっと少しずつ態度に表わすようになるでしょう。^^
まだまだ、これからですね。
2011年09月24日 21:43
そうそう、トンイも見てるけど、チョンサガンの吹き替え、あのドスの利いた声はだれだったかな・・と思ってたら、スコフィールドだったんですね。(^^) あの方には似合わない気もするけど、
でもいいもんだから、いいかな・・って気もします。(笑)

DVDでトンイ役のハン・ヒョジュンさんが、インタビューに答えてたけど、日本は大好きで、小説は今も鞄に入れてるとか。

韓国では、村上春樹さんや東野圭吾さんの作品は人気ありますからね。

あとこのインタビューで残念だったのが、お好きなシーンは?という問いの答えに、最終話のある場面を言ってました。
これは聞かないで見たかったな・・と思いました。(笑)
素顔の彼女のインタビューは、大きな仕事をやりとげた、可愛さに充実感が溢れ、よかったです。(^^)

この記事へのトラックバック