天地明察

画像
映画「天地明察」の試写会に行って参りました♪とっても、とっても良かったです。原作の小説も最高でしたが、映画も素晴らしかった。最初の方にある囲碁のシーンもすごく伝わるものがありました。なんか少年ジャンプで夢をかなえる少年にワクワクした感覚を、江戸時代の大人版で味わえたような気分です。

 あと細かいことですが、棋士である私達は囲碁が関係する言葉が出てくるとちょっとした言い方が気になったりするのですが、しっかり囲碁指導が入っていただけあって、すごく綺麗に発音され違和感が全くなかったです。

V6の岡田くんの演技も宮崎あおいちゃんの演技も本当に良かった。きたろうさんも出演されていましたよ!番組とは別人のようです(笑)

そしてラッキーなことにこの映画の監督、滝田洋二郎さんにお会いすることができました!嬉しかったなぁ♪「おくりびと」の次に監督された作品がこの天地明察だそうですよ!9月に公開なので是非ご覧になってみてくださいね!

この記事へのコメント

2012年06月01日 13:27
こんにちわん!
宮崎あおいちゃん好きです。(*^。^*)
2012年06月02日 06:53
 滝田監督と横向きで・・・。
 ワクワクのインパクトあるなあ・・・。
2012年06月07日 09:31
邦画もなかなか脚本がしっかりしてれば、いい作品が多いと思います。
「おくりびと」もよかったから、
「天地明察」も楽しみです。

由香里さんも囲碁界では第一人者だから、どの業界でも
そこの代表者とお会いできるでしょうね。
2012年06月20日 11:12
アッキーナが「趣味が見つからない」と嘆く
http://www.news-gate.jp/2011/1004/14/

↑これは、昨秋の記事ですが、今年5月のJAFMATE の記事で
「自分には似合わない、意外な趣味を探しています」という
見出しで、三味線、お琴、活け花などを挙げておられました。

最初の出会いは大切ですので、良い形でアプローチして
頂けませんか?

余談ですが、6/19 三々の次にブツカリ、
私の囲碁教室でも取り上げられ、今日、録画を見て
「ハモった☆」と感じました。

本因坊、興味深く拝見しました。 感謝☆
2012年06月20日 11:23
アッキーナさんについて、少し補足いたします。

ゲームは お好きです。中学で和太鼓。
三味線の門を叩くもネイルを注意され断念。

「次にやりたい」のは アーチェリー、キックボクシング。

ダンスは みんながやっている→ちょっと違うかな
ギターは意外性がない→
「やってそう」と思われたらつまらない

ゲーム + 和 + 急所命中 + 2人の競技…!

「必至」ではありませんか?

この記事へのトラックバック