オススメ本

画像


久しぶりに本を読み、感動の涙を流してしまいました。いったいどこがそんなに私のツボだったのか、自分でもよくわからないのですが、何回も何回も涙が出てしまいました。著者がご両親や周りの方、お客様に対し心底感謝の気持ちにあふれていて、これまで培ってきたことを正直にありのままお伝えしているからなのかもしれません。
とっても素敵な本でした。オススメです。

この記事へのコメント

2013年03月18日 23:05
「いかに来てもらうか」より「いかに帰ってもらうか」
凄い発想だと思います。
商売するのに100人いれば100人が自分売りだと思います。でもこの岡村さんは、どうやったらお客が
満足して帰ってくれるだろうか、それに終始してたんでしょうね。
宣伝もない、看板もない店に最初に来たお客は
真心をもらったんでしょうか。
それが独り歩きして、通じ合う人たちが店の中で
心を満腹にして帰宅したのでしょう。

由香里さんが前にプチ断食して、質素な食材がこんなに美味しいのかって言われてましたが、幸福の原点ってそこなんでしょうね。

今自分が欲するものこそ涙がでるほど美味しいものかもしれませんね。
この本を読んで、そんなに感動したのなら、きっと心が
それすごく美味しいと反応したのでしょう。

僕は、さっきまでツタヤにいたけどこの本はありませんでした。
サイトで見た限りでの上の感想ですが、僕も読んでみようと思います。

素敵な本の紹介ありがとうございます。

2013年03月19日 13:07
こんにちは。
うちのお店は看板あるけどね、誰か読み聞かせてくれないかな。。。(*^_^*)

この記事へのトラックバック