書道

今日は加藤先生の奥様に書道を習いに行きました。

新しい字を書いてみました。
画像


もの豊かで、人民楽しむ、という意味だそうです。
見ていていい気分になる字が好みです。

今度からこれもレパートリーに加えようっと。

この記事へのコメント

2014年09月03日 17:45
こんにちは。
丁寧に書いたんだな!? って印象です。
私はしばらく筆ペンしか持ったことがないので、たまには大きな紙に書いてみたいです。下手ですけど。
うち、何故だかいろんな形の文鎮が捨てるほどあるんですよ。別の用途で使うんですけどね。(笑)
2014年09月04日 04:28
 昨日は<新手研究会>から今日は一転<書道>ですか。
 由香里さんの書には、豊かな心のゆとりを感じます。
 書は体を表すと言います。
 上手な字にはそれだけで敬意を抱きます。
 ・・・自分の字が情けないだけに余計・・・
 某女性編集長のお断りの手紙にも、その肉筆の魅力に尊敬してしまいました。
2014年09月04日 14:41
書はいいですね。僕も子供の頃、習う環境にあったんですが、遊ぶ方が勝ってしまって今は後悔しています。兄姉は、皆有段者です。自力で頑張ってますが、うまくなりません。ゆかりさんは、碁が6段ですが、書も6段ぐらいじゃないかと勝手に思っています。
2014年09月05日 11:48
ありがとうございます^^
棋士は書を習っている人が結構います。有名なのは高尾十段でしょうか。
この日、風邪気味だなーと思いつつ、久しぶりに兄弟子や水さんらと一緒で楽しかったものでペラペラしゃべっていたら次の日えらい目にあいました。。

この記事へのトラックバック