人を伸ばす力

またしても本にハマってます。
あ、ちゃんと手合いも打ちましたよ^^
十段戦では伊田八段が新十段となったことも注目していました。

で、本の話。今、まだ読んでいる最中ですが

「人を伸ばす力」内発と自律のすすめ 
著 エドワード・L・デシ + リチャード・フラスト
新曜社

が面白いです。
これまでのところでは一言で言ってしまえば外部から「やれ!」とかご褒美目当てで
行ったことは、そのプロセス自体に興味を持つチャンスをなくしてしまう。
長続きせず結果も今一つなことが多い。

そうではなく自発的にそのことに取り組むように行ったものは、
それ自体にも興味を持つうえ、能力的にも結果的にも非常に良いものになる、ということ。
それを様々に検証しています。

まだ途中なのでもっと深いことが書いてあることがありそうです。

いやーわかっちゃいたけど、そうですよねー。
まさに「アメとムチ」で育った私。
それでも最終的には自分で「プロになる」と決めたことはとても重要でした。

子育てをしていると自律という形でしつけにつながらせたり、学びに向かってもらうことは
非常に難しいことがよくわかります。我が家も試行錯誤していたのでしょうね。

現状、まさに試行錯誤です。
保育園はやっと楽しそうに行ってくれるようになりました。
でも寝る時間、テレビの時間、食べてほしい野菜など、ほんの些細なことも
自発的に行ってもらうようになるには本当に苦心します。
「理解と共感をもって行うとよい」と本書にありますが、簡単ではありません。

私もまさに試行錯誤です‥





この記事へのコメント

2015年04月25日 23:14
こんばんはです^^

昭和48年8月生まれですが、
横槍みたいで申し訳ないですが、

僕もその本と縁があればとおもいます。
2015年04月26日 16:34
こんにちは。
確かにそんなことは百も承知で分かっちゃいたけど・・・ですね。うちの場合、すでに手遅れでして・・・後の祭りってやつです。(笑)
2015年04月28日 10:47
伊田八段はすごいですね、井山さんも取ったことがないNHK杯取って、十段戦すごい勝ち方で取って、この若さでなんなん。                     僕は人生の生き方は碁の中にあると思います。最近ちょっとずつわかってきました。すべて凝縮されていると思います。

この記事へのトラックバック