ついにプロを負かすソフトが!

昨日のニュース見ました?
手合い日で話題になっていたので
帰りに日経新聞の朝刊を購入。

あのGoogleが!?
囲碁のソフトを!?

中国でプロになった人に勝利とか。

幽玄の間にあった棋譜を見ました。
強いです。違和感のある手はないし
ヨセもうまい。

いや~びっくりです。
昨年の電聖戦では優勝ソフトも趙先生に3子では完敗だったし、Googleが、ということにもびっくりです。

プロの対局を学習し、あとはソフト同士で
経験を積ませたといいます。

これは我々がひたすら早碁を打っている
ようなもので、データは限りなく蓄積されます。

それは強くなりますねぇ(^_^;)

自宅で勉強するにはとってもありがたいですが、
AIの進化はどこまでいくのか…

3月にはイセドルさんと対戦するそう。
まずはそちらに注目です!

この記事へのコメント

2016年01月30日 06:30
 ですよね! 28日のGOOブログ「昭和のマロ」でも紹介しましたが、今までチェスや将棋のプロも打ち破ったコンピューターソフトも囲碁ではアマチュア有段者レベルが限界だったんですよね。
 それをグーグルがコンピューターみずからが学習する最新技術「ディープラーニング」を加味して最強ソフト
AlphaGoを開発した。3月の韓国の最強棋士との対戦が楽しみですね。
2016年01月30日 12:24
新聞見ました。いつの日かなると思っていましたが、360がこんなに早く来るとはおもいませんでした。イセドルさんとの対戦がたのしみです。棋聖戦の前夜祭に行きました。そうそうたる顔ぶれで、良かったです。井山さんに絵を渡して喜んでもらえました。第2戦も、強いですね我々にはわかりません。変幻自在というか、これだったら、コンピューターも井山さんには手こずるでしょうね。井山さんも色々あっても、びくともしない勝負師の精神力はすごいとおもいました。
2016年01月30日 14:55
こんにちは。
凄いですねぇ。。。最近は面倒な事や難しい事を考えるのが嫌になってきてますからね、私の頭にも『できるソフト』を組み込んでくれないかなぁ。。。(*^_^*)
2016年02月08日 00:48
囲碁はコンピューターでも大局観や捨て石や振り代わりなんかの戦術は難しいと思っていたのですがビックリですね。学習機能でどんどん強くなるみたいですねえ。イセドルさんには人間の能力の高さを証明してほしいです。
2016年02月08日 10:35
実際どうなんでしょうねー。
何よりセドルさんとの対局をみたいですね。
めちゃ楽しみです!

この記事へのトラックバック