吉原由香里のつれづれ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 車中より

<<   作成日時 : 2005/11/26 21:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3



 今日は対局開始前、子供達が楽屋を訪問してくれました。両者の好意で質問にも答えて頂いたのですがその中に「名人戦を戦ってみて今の気持ちは?」というものがありました。覚先生「精一杯戦ったという思いがあるから悔いはない」、張名人は「七番勝負を一生懸命戦う経験は本当に勉強になった」と対局前にもかかわらず、和やかに誠実に気持ちを伝えている姿が印象的でした。

 両者共に気さくな方達なので同行している私達としてはとても助かります。二人で詰碁の話をしていたり、私達にとっても楽しいひとときでした☆

 そしてNECカップは覚先生がすばらしい内容で勝利でした☆両者の持ち味満点でしたが、こういう勝ち方、かっこよすぎます。私もこんな碁が打ちたい‥でもいざ挑戦してみると、なかなか難しいのです。気がつくと地がすっからかんで何を目指していたのかわからない状態になりがち。全体的なバランスを重視する展開はうまくいけば最高ですが、勝利に結び付けるには相当腕がいります。いずれ棋譜が週刊碁にのると思いますので、是非並べてみてください(^_-)

 それぞれ理想とする碁ってあると思います。私は覚先生や秀行先生の碁が好き。もちろん足元にも及ばないのはわかっているけれど、少しでもそんな理想とする碁に近い内容で、さらに結果が出た時はすごく嬉しいのです♪マニア的楽しみですけどね(^_-)

 終了後にいつもお世話になっている皆さんにおいしいディナーをご馳走になり、今帰りです☆明日はオフ。来週はいろいろ用事があるので体力温存デーです(^_^)v

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
名人戦は、

張挧名人○○○●●●○小林覚

なんと、なんと名勝負でした。張名人が、勢いそのまま、ガァーンと四連勝かと思えば、あら?三連敗です。

強いのか、弱いのか。

子供の囲碁ファンは、興味ありますね。

井山裕太七段16歳が、小学囲碁名人戦に、小学2年、3年となったと知りましたからね。

今年夏の小学大会には、一年生が、登場をして、負けてしまい、母親に、わんわん泣きじゃくったなんてありました。

お子様たち、早く囲碁上達をして、囲碁ファンを楽しませてもらいたい。

さて、囲碁の入門本は、なにがいいか…な(笑)
sadakun_d
2005/11/26 23:51
子どもたちは覚先生や張名人の未来のライバルになるかも。可能性ありますもんね。
10年後、20年後に、気さくに接していただいたこと子どもたちとタイトル戦をしているかも。
由香里先生、これからも囲碁の裾野をどんどん広げてください。
一ファンの応援!なり。
すばらしい
2005/11/27 18:28
さっそく、幽玄の間で、棋譜を拝見しました。
たしかに、覚先生らしい碁で、カタツキのお手本のような手がいくつもありました。

ところで、泉美先生とイノリンの碁も出ていたので、並べてみましたが、いや、すごい碁ですね。
それにしても上辺左よりのところで7子をポン抜いたのには驚きました。
いくら、半分生きたといっても、あれはいくらなんでも、白ひどかったのではないでしょうか。
しかし、韓国の碁のような力強さを感じた一局ではありました。
ソロモン王
2005/11/27 23:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
車中より 吉原由香里のつれづれ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる