吉原由香里のつれづれ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 涙ぽろぽろ

<<   作成日時 : 2008/07/30 17:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

画像
知人から送って頂いたこの本、心うたれました‥電車の中で読んでいたら涙ぽろぽろです‥

お子さんをガンで亡くされた方の熱い思いが伝わります。心響く言葉がたくさん詰まっています。講演を聞いた小学校一年生の感想文に「けいこちゃんと鈴木さんのきもちがよくわかりました。わたしは泣きそうになって歯をくいしばりました。お家にかえってお母さんにはなすと、お母さんがないていました」とありました。
興味のある方、是非ご一読ください。一冊400円(送料別)です。

「いのちをバトンタッチする会」
FAX:0565-31-4399

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
このまえサインもらったの覚えてますか?
(TOTO杯前夜祭)
僕は「去年もらったのおぼえてますか?」
っていったんですけど
しょう1級
2008/07/31 08:25
「いのちのバトンタッチ」ってなんかそれだけで哀しくなるというか…でもそういうことなんですよね(;_;)
今まで自分も不安になるんで読まなかったんですけど、機会があったら勇気を出して読んでみますo(^-^)o

2008/08/01 09:33
しょう1級さま、その会話をした子がいたのは覚えていますよ^^
yukari
2008/08/01 11:59
この本は読んだことがありませんが、以前、舌癌で、ご主人を亡くした奥様が書いた本を読んだことがあったのを思い出しました。当時、まだ学生だった私は、授業中に、机の下に隠しながら、この本を読み、涙と鼻水でぐしゃぐしゃになった記憶があります。どうして、がんという病気があるんだろう・・・と哀しく思いました。機会があったら、読んでみたいと思います。

2008/08/01 13:47
早速、図書館で借りて読みました。
景子ちゃんが、最後まで懸命に生きる姿に感銘を受けました。また子を持つ親として、ご両親の態度もすばらしいと思います。いい本を紹介していただきありがとうございました。
子俊児
2008/08/03 19:07
ぇぇぇえ
覚えてるんですか????
ありがとうございます。
僕の祖父が梅沢さんの大ファンなので。
しょう1級
2008/08/05 08:24
健康第一、病気になって初めて健康の有難さが身にしみて分かるものです。

健康は何物にも勝るもので、いくら莫大なお金があっても、お墓に持っていけません。
お金は、生活になくてはならないものですが、最低限あれば良く、必要な時には、
自然に入手出来るものです。

健康維持のためには、最低年一度の定期健康診断をし、自分の健康度をチェックすることが大切です。
数値は日本人平均値に比べてでの上下ではなく、経年変化を重視する必要があります。

又、病気予防が大切です。
腹八分目、ストレスを溜め過ぎない、快適な睡眠、適度な運動(ジョギング、ウォーキング、気功、ヨガ、太極拳、体操・・・・)、
穀物や野菜中心の栄養に片寄よりのない食事、水を多く飲む、前向きな気持ちを持つ、常に新しい目標(夢、願)を持・・・・・)
を実行すると予防できます。

続きあります。
haru7
2008/09/22 11:03
もしも病気になっても、免疫をコントロールする医薬品は、極力飲まないこと。(薬品には副作用が必ずあります。・・・)
(免疫力が低下するとあらゆる病気が発病し易くなります。)
西洋医学と東洋医学の良いところの両方で治すことです。
出来れば、人間が生まれながら持っている自然治癒を100%活用することです。

健康管理も人生の歩み方も、最終的には、自己責任です。(いろいろな情報からの最終決定は本人が決め後悔しない)

最近、読んだ著書から、著名人、先輩諸氏、一人者のより共通の考え方として言われているのは、
人生は、ご先祖様からのDNAを子供、孫に伝承する一つの過程である。
45億年前に一つの生命から発生した命を絶やさないことが人類共通の概念である。

これらについては、haru7のブログで時々取り上げて行くつもりです。
haru7
2008/09/22 11:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
涙ぽろぽろ 吉原由香里のつれづれ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる