片付け

画像

最近、掃除がマイブームでいらないものを大量に処分しておりました。考えてみたらこんなにいろいろ整理するのは人生初かもしれないどれだけ放っておいたことか‥

 引き出しの中や本棚を整理しているとざっくざっく出てきます。掲載誌、写真、父が横でとっていた棋譜、父が作った定石変化のファイル、対局ノート、昔出演したNHK杯のビデオ、等々。よくもこれだけ何もせずにおいたなという感じです

 これを機に掲載誌はスクラップし、あといらないものはほとんど処分してしまいました。父が書いた棋譜には対局直後だったからか、筆談で私の悪いところを指摘した形跡もあり、懐かしくも思わず苦笑いでした。囲碁には本当に厳しい父だったけれど、私ほど能天気で追い立てられないとやらないタイプにはその厳しさが必要だったのでしょうね。

 また、父が作った掲載誌ファイルは、ほんのちょっとの記事でも大切に切り抜いてスクラップしてありました。数行しか出ていないものも丁寧に。大きく出た記事は同じ新聞が何部もありました^^;特にたくさんあったのはもう廃刊になってしまった「Emma」という雑誌。21世紀に活躍しそうな人という特集で小学生の私を「将来の女流本因坊」という題名で紹介して頂いていて、こんなに買ってどうするというほどたくさんありました(笑)

 いやはや‥本当に私は愛されていました。私は父にとってのスターだったようです

 さて、話は変わりますが、友人の映画監督が講演をします。林監督の作品は本当によくて夫と観ていて号泣してしまったことがありました。下記に詳細を記します。

 写真は先日の伊豆で撮った川津桜(多分そうだと思うんだけど‥)。まだちょっと早かったです。そろそろ綺麗な頃かと思います

 


■市民活動・地域コミュニティ講演会


開催日時:2010年2月13日   午後1時30分 ~ 午後4時0分(懇親会あり)
場所:埼玉県戸田市役所5階大会議室
入場無料・先着100名(一般参加可能)


演題:『映画監督に聞く!地域がひとつになれる“スイッチ”』
講演情報:http://www.city.toda.saitama.jp/440/439377.html


講師:映画監督 林 弘樹
講師詳細:http://www.fireworks-film.com/magazine/


■内容


モノを大量につくり続ける時代は終わったにも関わらず、
いまだに、どんどんつくることを前提として
「つくりかた」にフォーカスを当て続けている現実。


働き方や生き方にも、ある意味限界が見え始めてきている。


そんな中、全国各地で何十万人も巻き込んで創り出す「映画」がある。


今回のテーマは、物語を「創る」から「生きる」へ。


オンリーワンから、アールアズワンへの物語。
その原動力となる心にあるスイッチ「ソウルスイッチ」とは何だろうか。




この記事へのコメント

2010年02月10日 22:46
僕は掃除がどうも苦手で由香里先生のマイブームが羨ましいです^^;
僕にとっても由香里先生はスターですよ!!
2010年02月11日 22:56
3月から支店と所属部署が変わり、心機一転。
マイブームも掃除です
2010年02月13日 01:15
僕も掃除がマイブームなら部屋がもっと片付いてるんだろうな…(^^;(笑)


由香里先生のお父様はとても娘思いなお父様だったんですね(´∇`)

2010年02月13日 20:10
いいお父上や・・(・д⊂
本当に愛されていたんですね。
うらやましい限りです。

僕も部屋掃除しないと物置化してしまってます笑
掃除しないとなあ。何か懐かしいものも出てくるかもしれませんしね^^
いい話聞かせてもらいました。ありがとうございました。
それではっノ

この記事へのトラックバック