よんろのご

画像
 写真の本、めちゃいいです!張栩棋聖が書いたものです。子供向けですがルールから問題まで大人でも楽しめる内容です♪張棋聖のお子さんも「よんろ、やるよ~」ならとっても興味をもって囲碁を覚えたとか。「青りんご」「赤りんご」というと親しみがわきますね♪うちもそうやって教えよ~っと。

 そしてなんとなく本屋で見かけたこの題名「顰蹙を買っても口にしておきたい100の言葉」ひかれて読むとめちゃ面白い。言ってみたいねーこのセリフ、というのがもりだくさん。こういうものにひかれるということはよほど言いたいことを我慢しているようです(笑)

 まだ「言ってはいけない」つまり「言われたくない」という思いがあるわけですねぇ。もっと言ってもらえることのメリットを自分に言い聞かせないとです。

この記事へのコメント

2012年01月29日 12:01
りんごのへたがちゃんと上を向いてますね。
スッキリ!(笑)
さて、ちょっと意味深な言い回しですが・・・言っていいなら言っちゃうぞー! ・・・なんてね。(笑)
私の先生がよく言ってました。「お客様のクレームを大切にしなさい。クレームを言ってくれるお客様ほどありがたいものはない。そのおかげで自分が成長できるから。」
2012年01月30日 16:51
「よんろのごのほん」アマゾンで調べてみると、「よんろのご」という碁盤も売られてますが、その続きなのかしら。。。なによりも、表紙の絵にひかれました。かわいぃ~。まずは よんろの碁盤をカートに~クリック。これだったら、碁を打たない旦那とも家族ゲーム感覚で楽しめそうです。



2012年02月02日 18:50
いんぱちさん、ごもっともですね!ほんと、そう思います。
taeoさん、これ、めちゃかわいいですよ!碁盤とセットにすると楽しみ方も倍増です^^

この記事へのトラックバック